壊してしまった時においては

車の損害保険には自賠責保険ないしは任意保険という2つの種別がございます。

任意保険、自賠責保険ともにいざという時の事態に遭った場合の補償に関するものですが実際の中身は違うといえます。

二つの保険に関しては補償がなされることが多少差別化されているのです。

※相手に対しては自賠責保険・任意保険で補償されるよう取り決められています。

※自分へは<任意保険>によって補償されます。

※自分の財産に関しては、<任意保険>のみで補償されるよう取り決められています。

自賠責保険だけでは自らへの傷またはクルマに向けた補償などのサポートは受けられません。

次に相手方への賠償などのサポートですが自賠責保険においては亡くなったケースでは上限額3000万円障害が残った場合最大額で4000万円と定められているのです。

賠償金が前述した数字を凌ぐことは珍しくありません。

加えて相手方の所有する乗用車や不動産を壊してしまった時においては、害を加えた者の補償になってしまいます。

そういった負担は個人には荷が重すぎるため任意保険というものが必要になるのです。

害を被った人の支援に重点を置く任意保険という制度ですが、それとはまた違う役目が用意されています。

※相手へは、死亡時あるいは傷に加えて、乗用車または家屋などといったものの私有財産を補償してくれるのです。

※自らへは同伴していた人も含め死亡時もしくはケガを賠償してくれるのです。

※自己の財産に関しては、愛車を賠償してもらえるのです。

そのように種々の面に関して補償がしっかりしているのが任意保険の長所です。

保険料の負担は必須となってしまいますが、事故に巻き込まれた時の相手方のためにも自分を守るためにも自動車に余計な心配を抱くことなく乗りたいのであれば任意保険というものに加入しておきたいです。

コンテンツ

リンク

Copyright © 1999 www.firststepsofgeorgetown.org All Rights Reserved.