www.firststepsofgeorgetown.org

クレジットカードを使用取りやめにする際の申請手順に間して言えばそれは非常に簡便なのだが無効化するに際してチェックしておきたい事なども覚えておいたら、無効化の作業を滞りなく完了させることが易しくなるでしょう。箇条書きにしてみたので出来れば参照して頂ければ、と思います。クレカ届け出を完了させた後半年も経たずいきなり解約するという行為は危険≫クレジットカード発行したのちすぐに手にしたクレジットを試用不可能化を行った場合、悪質な顧客という風にカード会社に登録されてしまう事態がある(特殊な例として頻繁に加入→機能停止するということをしてしまった場合)。申請時のプリペイドカードのプレゼントを狙った登録のとき、ギフト券もしくはサービス・ポイントなどの申請した時の特典をゲットした瞬間すぐに登録解除を行いたくなってしまう気持ちも理解できます。とは言え、当事者から見た思考法より見ればそのような利用者においては会社の用意するクレカを持って迷惑をかけられたくないなどと認識するくらいのことがあっても文句は言えません。だから、もし登録時の優待券目当てでクレカをというものを申し込んでしまった際にも間髪入れず失効行わないでまずは半年、余裕があれば1年が経過するまでは該当するクレカ自体を契約を破棄せずおくようにお薦めしたい。一方で加入時のプレゼントだけに終わったことではなく手続きをして財布に入れてはみたのはいいがいつ使えばいいかわからないな・・・というケースでも、まず半年が過ぎるまではそのクレジットを保有し続けて下さい。申請する側が考えているよりクレカという品物を始めから発行するときのお金というものは生じてしまうものなのでちょっとでも楽をさせてあげよう・・・というふうに相手の事情を想像してもらえるのならお互い悪い気分にはならないだろう

コンテンツ

リンク

Copyright © 1999 www.firststepsofgeorgetown.org All Rights Reserved.