www.firststepsofgeorgetown.org

この前、親戚が単独で交通事故を起こしてしまったんです。 命に別状はありませんでしたが、介護がないと生活できないほどの大怪我でした。 突然のことでしたから、自宅はバリアフリーではなくて非常に苦労していました。 45歳でしたから公的な介護保険が利用できるのではと思い申請したそうなのですが、 40歳以上65歳未満では第2号被保険者といって老衰が原因となる特定疾病で要介護状態に なった場合にしか公的介護保険制度を利用できないという回答だったそうなんです。 ちなみに、65歳以上であれば交通事故で要介護状態になった場合にも 公的介護保険制度を利用できるとのことでした。 その親戚は、任意で加入していた生命保険に介護特約を付けていたそうで、 保険会社の定めた要介護状態が一定の期間継続した場合に一時金や年金として設定した 保険金を受け取ることができるらしいので、ホッと安心しました。 若いうちは交通事故で介護状態になっても自助努力でどうにかするしかないんですね。 しかも親戚のように単独事故だともっと大変ですよね。 この件に影響されて、自分の生命保険をちゃんと確認してみようと思いました。

コンテンツ

リンク

Copyright © 1999 www.firststepsofgeorgetown.org All Rights Reserved.